作業療法士とは?

sample人は生活をする中でさまざまな作業を行っていますが、それらの作業を通して体の回復や予防を行うサポートをする人が作業療法士です。 日常での作業とは、例えば着替えやトイレなどのセルフケア、家事、仕事、余暇を楽しむ、地域活動に参加するなどのことです。 そしてそれぞれの場面でさらに細かな作業の内容があり、スムーズにこなせることで生活がしやすくなります。 そういった作業ができることで社会にもつながることから、どんな人も社会につながって暮らせるように作業をサポートしていく仕事を作業療法士がしています。

そして作業療法士になるためには国家資格を取る必要があり、その試験を受けるためには作業療法士の養成課程がある学校で3年以上学ばなくてはなりません。 まずは高校を卒業してから、作業療法士の養成課程のある学校へ入りますが、その先として大学や短大、専門学校があげられます。 大学では4年間、短大と専門学校では3年間の過程を学んで受験資格を満たしたところで国家資格取得試験が受けられるようになるのです。 作業療法士になるための学校はさまざまにあるため、自分にあった学校選びをすることが可能です。

しっかり学びたいから大学、学費を抑えて専門知識を学びたいから短大などの選び方、 さらに同じ専門学校でも学費に違いがあったり通いやすさに差があったりします。 通学で学ぶときには交通の便や立地も関係するため、3年または4年通うことも視野に入れて学校選びをすることもポイントです。 当サイトでは作業療法士の仕事内容について解説します。 将来の仕事を考えるときなど参考にしていただければ幸いです。


≪関連サイト≫
作業療法士は幅広い就職先を選択することができます。こちらは就職率100%の専門学校のサイトで参考になります⇒⇒ 作業療法士 学校